ローカル5G ② ~『ローカル5G 導入支援サービス』について~

はじめに

レンジャーシステムズでは『ローカル5G 導入支援サービス』というものをやっています。文字通り、ローカル5G 導入に関する様々な工程を支援させて頂くものです。弊社のホームページでも紹介されていますが、ブログの方でも紹介をさせて頂きます。支援内容としては以下の通りです。

ローカル5G 支援体制
ローカル5G支援サービス概要(弊社ホームページからの抜粋)

企画

以下の内容をお聞きして、お客様が期待しているものが何かを確認します。

 ・ローカル5G を導入することで何をしたいのか?
 ・どこに設置(屋内/屋外)をしたいのか?
 ・求める品質(速度重視なのか、接続数重視なのか等)はなにか?

確認した結果をもとに、適切な方式(NSA/SA)と使用する周波数(ミリ波/SUb6)を決定します。その際に、お客様の期待しているものを実現するにはローカル5G は適さないと判断した場合には、プライベート LTE(sXGP)などの他のサービスの導入をお勧めしています。このように企画ではローカル5G 導入の可否を含めた総合的な判断をします。

製品選定

企画で決めた方式と周波数に即した機器を導入の規模や予算に加えて、昨今の半導体不足により機器メーカーからのリードタイムが長くなる場合がありますので、導入スケジュールに間に合うかと言った要素も加味した上で機器の選定を行います。また、選定の際は特定のメーカーに拘らず、要件に合致する機器を国内メーカー、海外メーカー問わずに選定します。

免許申請

総務省(総通局)に提出する申請に必要な情報を取り寄せた上で、関連書類の準備や申請書の作成を行い申請処理を行います。免許申請に関しては詳しく記載すると長くなりますので別の記事でお話をさせていただきます。

構築

構築では基地局やコア装置のコンフィグ設定をしたあとに設置工事を実施します。その後、疎通確認やスループット測定などを行い期待する品質の通信ができることを確認します。また、お客様へのノウハウ展開として、機器の操作レクチャーや運用マニュアル、ネットワーク構成図などの各種ドキュメントの作成もいたします。

運用保守

運用保守では、お客様の求めるサービスレベルに応じて、アラート監視や24時間365日の運用保守、問題発生時の駆けつけ対応などを行っています。

まとめ

このようにレンジャーシステムズでは企画から運用保守まで幅広い項目で『ローカル5G 導入支援サービス』を提供しています。本サービスは企画から運用保守までのワンストップでの提供が基本ですが、企画から構築までの各項目を単独で提供することも可能です。

例えば、『ローカル5G をやってみたいけど何をすればいいのかわからない』と言った場合は企画を発注ください。弊社がコンサルティング業務を行います。

また、『機器の選定と発注は終わったけど免許申請が難しそうだな』と思われたら免許申請をご発注いただければサポートさせていただきます。

ただし、運用保守のみの提供はしておりません。理由としては弊社が構築していない機器についての運用保守を行うのは現実的ではないためです。このような場合は構築と運用保守をセットでご発注ください。

ローカル5G導入支援
Twitterをフォローして最新情報をチェック!
>通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

MVNO、ISP、CATV、BWA等の通信事業者を中心に、様々な企業のネットワークインフラ構築、運用を支援。 ローカル5G・プライベートLTE導入も、モバイルネットワーク構築の豊富な経験と実績を活かし、お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

CTR IMG