DPI ①サンドバイン製品の紹介 ※Sandvine1.0(PTSなど)ではございません

こんにちは。DPI(Deep Packet Inspection)製品を担当しているRSの秋永です。
DPI ブログの第1回目ということで、まずは弊社で扱っているサンドバイン製品を簡単に紹介していきます。

サンドバイン製品の中で私たちのチームが扱っている主要な製品は以下となります。

  • Active Network Intelligence
  • Insight 、PIC
  • Maestro Policy Engine

ネットワークのトラフィックを解析し、IPアドレス、シグネチャ、ポート番号などを多彩に組み合わせ、Shapingすることが可能な装置。

リアルタイムにトラフィックを可視化可能であり、サービス単位(Youtubeやamazon等)トラフィックの傾向を監視できる。

Insights 、PIC

トラフィックデータを収集し、収集したデータを可視化する装置。

サービス利用の傾向やトラフィックの傾向をグラフ化することや、CSVやPDFにしてレポート出力が可能。

また、APIもサポートされており、収集したデータを独自にカスタマイズすることもできます。

最近のトレンド今後のトラフィックの傾向を予測し、新たな市場の流れを掴むサポートが可能です。

Maestro Policy Engine

MSISDN、IMSIなどの加入者単位でユーザを管理することが可能な装置。

Active Network Intelligence と連携することで、加入者単位でShapingすることが可能であったり、Insights、PICと連携することで加入者単位でトラフィックの傾向を可視化することが可能

今回は簡単に製品の紹介をしましたが、次回はより踏み込んで製品の紹介をさせていただければと思います。

dpi(Deep Packet Inspection)
Twitterをフォローして最新情報をチェック!
>通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

MVNO、ISP、CATV、BWA等の通信事業者を中心に、様々な企業のネットワークインフラ構築、運用を支援。 ローカル5G・プライベートLTE導入も、モバイルネットワーク構築の豊富な経験と実績を活かし、お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

CTR IMG