ローカル5G⑧ ~ローカル5G普及への課題~

はじめに

当社がブログを開設してからもうすぐ1年になります。これまでローカル5G 関連を中心にお話をしてきました。1年前と比較してローカル5G(主にSA関連)のニュースを見聞きすることが多くなりましたが、正直まだまだ普及したとは言いにくい状況だと思います。
そこで今回は今後、ローカル5G の普及が加速していくために当社が必要と考えていること(課題)についてお話をしたいと思います。

免許申請の簡素化、簡略化

ローカル5G を導入しようと考えている方にとって最初の障壁となるのが、免許申請だと思います。当社も免許申請に関しては何度か記事を投稿してますし、以前と比べて免許を取得した方も増えてきてはいるので必要な情報は入手しやすくなったと思います。それでも無線に関する知識がない方がゼロから書類を書き上げるのは困難かと思います。免許申請が今よりももっと簡単に手早く行えるようになることが普及には必要と考えます。

さらなる低価格化

以前の記事(https://ranger-systems.co.jp/blog-engineer/archives/2568)で触れましたが、パッケージ化された商品が揃いつつあるので、以前のように導入に億単位の費用が発生すると言った状況ではなくなりつつあります。それでも高価な商品ではあると思います。なので、今後もさらなる低価格化が期待されます。

キラーコンテンツ(アプリ)がない

よく言われることですが、現状ローカル5G でなければ実現が難しいことが少ないと思います。単純に早い通信速度を実現したいのであれば Wi-Fi でも十分な場合がありますし、無線ということに拘らなければ有線LANの方が安定して通信できる場合もあります。ローカル5G は免許(電波を吹く権利)を渡すから利用方法は自身で考えて欲しいと言ったアイディア(ユースケース)ありきのネットワークなので、常識にとらわれない柔軟な発想からこれぞローカル5G といった様なコンテンツの出現が期待されます。
 

夢を語れる人が少ない

低価格化とキラーコンテンツに繋がる話なのですが、ローカル5G でなければやれないこと(夢)を語れる人材が少ないのではと思います。具体的な人材としては以下になります。

ローカル5G のパッケージは先ほどお話したように今後、あるラインまでは価格が下がります。ですが、そのラインはローカル5G との比較対象にされる Wi-Fi よりは高価になると推測されます。
その時に高価であることには理由(よりセキュアであったり、拡張性が高いなど)があることを具体例を示しつつ分かり易く説明できる人材がひとつめです。

ふたつめは、ローカル5G を導入するとこで可能になること、それは Wi-Fi や有線ネットワークでは不可能で、ローカル5G でないと実現できない理由をきちんと説明できる人材です。

このあたりをきちんと話せないとお客様には「やっぱWi-Fiの方が安くていいよね」とか「有線の方が安定しますよね」と思われてしまい、ローカル5G の普及スピードが鈍化してしまうのではと考えます。
ちゃんとした説明をせずに「ローカル5G の機器の相場はこのくらいです」と言ってもお客様には響かないと思います。

おわりに

今回はローカル5G 普及への課題について当社が考えていることをお話させて頂きました。価格がとか、キラーコンテンツがとか偉そうに言いながら、具体例を示せず少し上から目線の記事になってしまったかもしれませんが、当社では今後もローカル5G に力を注ぎ、「夢」を語れる人材を育成してみなさまのお役に立てればと思います。

Twitterをフォローして最新情報をチェック!
>通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

通信事業者向け『モバイルネットワークソリューション』

MVNO、ISP、CATV、BWA等の通信事業者を中心に、様々な企業のネットワークインフラ構築、運用を支援。 ローカル5G・プライベートLTE導入も、モバイルネットワーク構築の豊富な経験と実績を活かし、お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

CTR IMG