プライベートLTEとは

企業ネットワーク構築

Wi-Fi感覚でオフィスにLTEを導入

免許不要周波数を用いた通信方式であるsXGP※1を使用することで、LTE基地局をWi-Fiアクセスポイントのように設置することが可能です。EPC※2と呼ばれるLTE設備はお客様毎に当社がご用意するため、LTE基地局を設置するだけで手軽にご利用いただけます。

LTE電波の入りづらい場所を補完

スマートフォンを始め、IoTゲートウェイなどLTE対応デバイス※3を収容できるため、キャリアの電波が入りづらい場所に設置することでエリアを補完することが可能です。

現在お使いのLTE回線と併用が可能

デュアルSIM/デュアルスタンバイ対応デバイスであれば、現在お使いのSIMカードとプライベートLTE用SIMカードの双方を同時に使用することが可能です。外線と内線を意識することなく着信できるなど、複数の用途を1台のデバイスに集約することによる業務効率化・生産性向上が見込めます。

他の免許不要周波数と比べて通信の干渉が少ない

広く普及しているBLEやWi-Fiとは異なる周波数帯を使用するため、これらとは電波の干渉が発生しません。また、TD-LTE方式※4に準拠しているため、エリアが重複した場合でも混信が発生しづらいことが特徴です。

一般的な免許不要周波数
一般的な免許不要周波数
sXGP
レイヤ2接続型

ユースケース

キャリアレベルの対応範囲

構成イメージ

構成イメージ

ご購入いただくもの

sXGP本体

SIM

スマートフォン本体(オプション)

特長

カスタマイズも可能

・既存のLTEデバイスと連携させたい

・複数拠点と閉域接続したい

・社内のIP-PBXと接続したい etc・・・

当社サービスとの連携も可能

・MVNOサービス「わくわくモビリティ」